• HOME
  • id歯科
  • Jカバー ダイヤラミネート

Jカバー ダイヤラミネート

0.1

Jカバー ダイヤ ラミネート

割れたり取れる心配なく
丈夫でナチュラルなラミネート
歯の表裏の両面をJ型で固定する
id歯科だけの高いテクニックで丈夫に
飲食物が当たるすべての面を、守ります。

Jカバー ダイヤ ラミネート

歯の表と裏をJ字の形でしっかりと覆い、
割れたり抜けたりする心配なく丈夫で
色や形も本来の歯に非常に近くする、高度なラミネート技術力です。

一般的なラミネート
Jカバー ダイヤ ラミネート
硬い物を噛んでも割れたり取れてしまうことなく
長期間に渡り綺麗な歯を保つことが出来ます。
歯を0.3~0.5mmほど削り整えて
歯の表面と似た薄いラミネートを 表と裏に貼り付けます。

補綴科専門医と歯周科の専門医が 歯の角度まで考えて直接施術し、
周りの歯との調和や歯茎の変色副作用等もない
id歯科ならではのJカバーダイヤラミネートです

Jカバーダイヤラミネート
一般のラミネートとの違いは?

一般的なラミネート

数十色のセラミックを積み重ねて 圧縮する方式

VS

歯の除去量 及び
治療の流れ

Jカバーダイヤラミネート

セレックを利用し歯の形を そのままカスタム制作 圧縮する方式
表だけ付着治療方法表+下+裏まで包んで付着
強度の固定力
硬いものは避ける強度何を噛んでも割れや取れる心配なし
ラミネート変色可能性有り審美性ナチュラルなカラーと形で
周りの歯によく馴染む
5年以下維持期間5年以上~10年
内部に小さな穴(隙間)があり
本来の歯の色と形をそのまま再現
特徴凝集力が強く、内面が均一
高い強度、割れや取れる心配なし

Jカバーダイヤラミネートidだけの核心技術

01 素早く、堅固に
一般的なラミネートは数十色のセラミック材を積み重ねて圧縮する方式で
内部に多くの穴を作り長い時間が経つと割れてしまう可能性もあります。
Jカバーダイヤラミネートはセレック装備を使用し、
補綴材を繊細に整えるので内面が均一で凝集力も強くなります。
よって、長期間丈夫なラミネートを保つことが可能です。
  • 一般のラミネートベニア
  • 制作方法数十色のセラミックを
    積み重ねて圧縮する方式
  • 特徴
    (長所と短所)
    01. 内部に小さな穴(隙間)が多く存在する
    02. 元の歯の色と透過性をそのまま再現
    → ナチュラルな色
  • 製作場所
    & 治療期間
    外部技工所で製作
    最低3日〜5日かかり
  • 1day・ダイヤ・ラミネートベニア
  • 制作方法セレックを利用して
    個人の歯の形をそのまま具現(カスタム製作)
  • 特徴
    (長所と短所)
    01. 隙間なく凝集力が強い。内部が均一。
    02. 一つの塊でなっているので境界部位がない
    → 高強度、割れる・取れる恐れなし
  • 製作場所
    & 治療期間
    セレック専門技工士が常駐し、直接製作
    一日で完成
02 最小限の量だけ歯を除去
VS

歯の除去量を比較

一般的なラミネートで綺麗な歯は作れるが
歯の除去量が多いため、割れやすかったり、取れ易いという弱点もあります。

Jカバーダイヤラミネートは最小限の量だけを除去し
歯の健康を守るだけでなく、
硬いものも無理なく噛めるほどの丈夫な耐久性を可能としました。
03 表から裏まで丈夫でナチュラルに
Jカバーダイヤラミネートは歯の裏面を広く包み込む方法で
取れてしまう可能性も少なく、飲食物も楽に噛んで頂けます。
どの角度から見ても周りの歯と自然に馴染み、美しい歯を演出します。
本来の歯の美しさをそのまま再現することを可能としたため、
これからは心配なく笑って頂き、何でも美味しく食べて頂けます。

idの技術力で丈夫な
Jカバーダイヤラミネート

今まで歯の事で悩み続けていたのなら
Jカバーダイヤラミネート

  • 01

    一本の前歯がストレスな方
  • 02

    今すぐ綺麗な歯にしたい方
  • 03

    白くて綺麗な歯にしたい方
  • 04

    割れるかお悩みの方
  • 05

    再施術の恐れでお悩みの方
  • 06

    周りの歯と綺麗に馴染んだ歯を望む方
すきっ歯
大きい前歯
歪んだ歯
出っ歯、八重歯
色が問題な歯
01 すきっ歯
歯が歯茎の骨の大きさと比べて小さかったり、歯の大きさは正常だけど歯茎の骨が大きい場合等歯と歯の間が広がり空間ができてしまう現象を言います。
よく“歯と歯の間が広くなるとお金が取り抜けていく”というほど歯の間の隙間は見栄えが良いとは言えません。
更に、喋る際に隙間に言葉が漏れて発音が不正確になり仕事や対人関係においても悪い影響を与える可能性がありますので、出来るだけ早く治療を行なうことが大事です。

すきっ歯のラミネートベニア法

最近ではラミネートベニアで隙間の治療を行なうことが一般的です。
歯を整えるのではなく、部分的な隙間を解決するにはノーカットラミネートベニアで簡単な施術が可能です。

歯の全般に隙間がある場合には隙間の量を正確に診断してどの歯のどの部位を大きくし空間を埋めるかを決めなければならないです。その過程を上手に乗り越えることで歯の大きさを均等に対称な綺麗な歯のラインを得ることが出来ます。
レジン治療の場合、正確な左右対称を作るには限界があり、変色や落ちる恐れがあるので、ラミネートを推薦致します。(寿命2~3年)
01 大きな前歯
真ん中の前歯の大きさが大きく、長くてウサギの歯の様に前歯が目立つ場合を言います。
二つの前歯が他の歯に比べて大きく長い状態か、2番目の前歯が小さくて相対的に大きく長く見える場合が大きな前歯とされます。大きな前歯は口を閉じている時や微笑むときにも前歯の二つだけ強調されるので、それをコンプレックスとして感じられている方も多いかと思います。

大きな前歯のラミネートベニア法

大きな前歯の場合、歯を最小限に整えるラミネートベニア式で施術可能な場合が多いです。
ですが、その程度が酷い場合は、神経治療を伴うオールセラミック施術を行い歯の大きさと比率を理想通りに調整することも可能です。
大きい前歯の施術は治療する歯の比率が綺麗になるよう、
大きさと形をしっかりとデザインすることが一番大切です。
01 歪んだ歯
歯が出てくる空間が全体的に不足していて、1~2個の歯が歪んだり八重歯形式になるというよりも、
歯の全体的なラインが水平的または垂直的に均等ではない状態を示します。
こんな風に歯が歪んでしまうと虫歯や歯周病になりやすく、校合問題発生の可能性も出てきてしまいます。

歪んだ歯のラミネートベニア法

酷く歪んでいる歯は、正しい位置に戻す空間が不足しているため施術後に歯の形が対称にならなかったり、真ん中のラインの配置が歪み易くなります。
このような事を防ぐためには正確な分析を通し、空間の配分を正確に行うことで綺麗な対称的な歯のラインを作ることが可能です。
01 出っ歯、八重歯
鼻や顎先に比べて口が突出している状態を言います。
突出の原因は歯の大きさに比べて歯茎の骨の大きさが小さく、空間が不足している事で外側に傾斜を作り出っ張っている歯牙型突出と上下の顎骨の位置が前に出ていて歯の角度は正常であるにも関わらず
口が突出している骨格型突出、そして上記全て含まれた複合突出があります。

八重歯とは、乳歯が抜けてない状態で永久歯が生え乳歯の上に重なって歯が生えてきたり、歯茎の上の方向に生えてしまった歯のことを言います。
歯が生えてくる空間が狭く歯の配列から外れた位置に生えている歯も通常、八重歯と言います。
一般的に一番遅く生える犬歯から空間不足が原因による八重歯が一番多いです。

出っ歯のラミネートベニア法

出っ歯の治療法を決める際、咬合が一番大事なポイントとなります。
下の歯も突出していて上の歯と緊密に合っているのか、深く噛み合うディープバイトの場合は上の歯だけでは治療が不可能な場合も御座います。
このような場合は無理やりラミネートやオールセラミック施術を
行なってしまっても、歯の間が広がってしまったり割れてしまう等の問題が発生する可能性もある為、注意が必要です。

八重歯のラミネートベニア法

八重歯の治療方法を決めるには、歯が生えている歯茎の位置が大事です。比較的にスペースがいらない低い八重歯はラミネートまたはセラミックで十分治療が可能ですが、高い八重歯の場合は歯の形を作る空間が足りないため施術が難しい場合もあます。
空間が足りてない状態で八重歯を無理に施術する場合、歯の損傷の恐れも。
大きさだけではなく歯の形が異常に狭くて長い場合は、外見上いい結果を得る事が出来ないので、慎重に施術を決める必要があります。
01 色が問題となる歯
外内部の影響により歯が黄色く変色して醜い現象になることを言います。変色の原因としては大きく、喫煙、コーヒーなどの歯の色に影響を与える飲食物のせいで発生した外因性と薬物服用(テトラサイクリン系の風邪薬など)による先天的に発生する内因性があります。
また他の原因としては、衝撃による神経管、神経治療時に完璧に神経組織が除去されなかったり出血などの神経管のトラブルによる歯の変色も多く見られるケースです。
  • 外因性変色

    喫煙、コーヒーなどの飲食物または
    古くなったレジンなどにより
    後天的に発生した変色
  • 内因性変色

    薬物服用による
    先天的に発生した変色
  • 神経管変色

    神経管怪死または
    間違った神経治療により
    発生した変色

色が問題となる歯のラミネート法

外因性変色の場合、一般的に歯のホワイトニングだけでも良い効果を得られる場合が多いです。
しかし古くなったレジンが変色した場合には、ラミネートを施術することで白くて綺麗な歯を長時間維持するだけでなく、 もっと美しい歯を手に入れることができます。
内因性変色の場合、ホワイトニングだけでは大きい効果を得られない場合が多いです。なので、ラミネート施術を通して歯の色を明るく白くするだけでなく、歯の形まで綺麗に出来るので、施術後の満足度を極大化することが可能です。
神経管変色の場合、黒く変色した歯の内部を失活歯美白を通して元の色に還元し、 セラミックで施術することで黒くなった歯を白く綺麗にすることができます。

Jカバーダイヤラミネート施術過程

  • 01STEP

    検査及び診断

    3D-CT撮影とセレックで口腔をスキャンし全体的な歯の状態と歯茎の状態を確認します。
    午前10時
    (所要時間 約1時間)
  • 02STEP

    3Dデザイン

    患者様の遺伝的な歯の形を分析し、元の形そのままに3Dデザインします。
    午前11時
    (所要時間 約1時間)
  • 03STEP

    新しい歯の製作

    デザインしたデータを具現し
    各自にピッタリと合った
    カスタムラミネートベニアを
    製作します。
    午後12時(製作する歯の数によって変動あり。1個当たり約20分ほど。)
  • 04STEP

    永久的付着

    歯の形や色など患者様に
    一番美しいスマイルラインを
    作りあげるラミネートベニアを
    付けさせて頂きます。
    午後4時頃、完成

ノーカットダイヤラミネート製作過程

  • 1 1日で完成
  • 2 オーダーメイドデザイン
  • 3 専門技術力
  • 4 ノウハウの違い
1日で完成する結果
お客様の事を考えたシステム
先端の歯科装備で精密3DスキャナーとCAD/CAM装備を使用し、
歯を正確に分析・デザインしその場でインレーを製作する方式のセレックシステム

id 1dayクリニックは経験豊富なセレック専門の技工士が常住し
より精密な、ラミネートの製作が可能です。
個人別オーダーメイドデザイン
お客様のためのシステム
人それぞれ目や鼻の形が違うように、歯の形も違う形です。
更に、お客様がご希望する歯の形、大きさ、色が違います。

idでは1:1オーダーメイドデザイン方式を取り入れており
ナチュラルでばれない歯を作り、確実な完成品で満足して頂ける事を約束します。
技術力の差

繊細で特別な自社の技工室

お客様が望む歯の形、色、
大きさなどをチェックして
精密で精巧にラミネートを丁寧に製作します。
+

経験豊富な韓国ソウル大学出身の専門医

長期間の学術的データで検証された
システムを利用してラミネートの脱落を
減らして、歯茎の健康まで考えます。
効果的な結果を得るためのidのノウハウ
idは歯列や、適当な歯の長さと幅の比率、笑顔の時に露出される
歯の量などを考え、ナチュラルで明るい笑顔のために努力します。
笑う時に歯茎が多く見えてしまったり、歯の長さが短すぎる場合
歯列が悪く、ラミネートでは美しい結果を得られない場合