• HOME
  • 両顎手術
  • 下顎手術

下顎手術

下顎手術

下顎のみ移動させて
骨格と噛み合わせを正しく美しく

下顎手術とは?

下顎手術は、突き出た下顎全体を理想の位置に合わせるため、下顎骨を切り離した後、骨と骨が重なるように移動させて固定する手術です。
下顎だけ移動させることで上顎との噛み合わせを合わせるため、上顎・下顎の両方を移動させる両顎手術に比べて手術の範囲も半分になります。

SSRO(下顎枝矢状分割術)手術法の説明
IVRO(下顎枝垂直骨切り術)手術法の説明

下顎手術が必要なケース

“下顎骨が正常範囲外である”

(但し、顔面非対称ではない場合に限る)

id-下顎手術-しゃくれ
しゃくれ
id-下顎手術-長い顔
長い顔
id-下顎手術-顎なし
顎なし

治療をしないとこんな不便なことが!

多くの方が、噛み合わせが合わないことで顎関節障害を伴い、
食事摂取時も非常に不便で慢性消化不良を起こします。
また、歯の健康状態も悪い方が大半です。
下顎が長かったりバランスが崩れていると、外見上も良くありません。


“韓国id美容外科の医療陣は患者様の 骨格の状態を精密に診断し、 最も安全で効果的な手術法を
選択します。”

下顎手術が上手な病院を選ぶなら

Point 1

顎関節をよく理解しているか? 両顎手術の技術が高いか?

Point 2

美容外科・口腔外科・矯正科の共診が可能であるか?

Point 3

手術前に50種類余りの安心整形健康検診を行うのか?

Point 4

カウンセリングから手術、ダウンタイムまで密着ケアが可能か?

下顎手術、これが気になる。

Q:私の顔は、下顎手術が必要なのか両顎手術が必要なのか分かりません。

A:上顎の位置と機能、そして審美的に異常が無い場合、無理に両顎手術をするよりも下顎手術をお勧めします。

Q:下顎手術は両顎手術よりも効果が低いのではないですか?

A:両顎手術による審美的な効果は確実にありますが、状況によっては下顎手術のみでも十分な結果を得ることが出来ます。

結局、様々な手術方法を十分に理解した医療陣が個人の状態と問題点に合った診断・手術をするかが最も重要です。

もう少し確実な結果をご希望でしたら下顎手術で下顎の位置を移動すると同時に顎のラインを美しく整える手術も一緒に行うことが出来るので豊富な経験を持つ医療陣と手術前に十分にカウンセリングを行って下さい。

下顎手術のメリットは

  1. 手術範囲は半分
  2. 効果は両顎手術のように!
  3. 入院期間も半分
  4. ダウンタイムや手術の危険性も半分

下顎整形効果、韓国id美容外科で下顎手術も可能\

最も劇的な術後の結果を得られる整形手術というと、断然下顎手術が占めています。
顔の半分以上を占める顔面が完全に改善され、顔自体が小顔になるだけではなく目元、鼻立ちさえも変えてしまう効果を持っています。
しかし、突き出し口としゃくれ顎、非対称など、骨形成対を受ける方全てに下顎手術が最適であるとは限りません。
両顎手術のドラマチックな効果に焦点を合わせ、一つの手術だけに固執するより、ご自身の輪郭に適した手術がどの様な手術なのかを正しく知り、判断できる知識が重要です。
上顎と下顎の両顎を切除し、再配置する両顎手術と下顎手術とは異なります。下顎手術は、下顎の後ろの部分を切除し上顎との咬合を調整した後、重ね合わせる手術です。
両顎手術に比べて、手術の範囲が半分に減るため回復も短くコストも合理的ですが、更に両顎手術にように、手術後の上下顎の咬合を正しく合うため、過去不正咬合により生じていた問題や不快感が改善され、外観的な変化も期待できます。

韓国id美容外科の下顎矯正術は、手術部位が比較的少ないため、ご自身の個性は生かしながらコンプレックス部位のみ補正することができ、満足のいく外見を期待することができます。
下顎手術は全身麻酔で行われ、手術時間は約1時間30分かかります。
入院は1日で十分です。
韓国id美容外科の下顎手術は下顎が正常範囲を超えたしゃくれたあご、長い顎、顎なしの方へ効果的な手術です。
良い点が多く挙げられる下顎手術ですが、全ての方に適応できる手術ではありません。
韓国id美容外科は、お客様の特性を考慮しながら、下顎手術のみで上顎の位置と機能を改善でき、美的なお客様の要求も解決できるかを総合的に判断したのち、最適な方へのみ下顎手術を行っております。
お客様によって顎の状況が異なる為、体系的な専門性豊かな医療チームの組織が整っているid美容外科で手術をご検討ください。

手術情報

time
手術時間

1時間30分

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

2~3週間後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真