• HOME
  • 両顎手術
  • 両顎手術

Warning: error_log(/home/idhjp/promotion/logs/2020/02/orthognathic-surgery_20200220.log): failed to open stream: No such file or directory in /home/idhjp/wp-content/themes/zeein/template-parts/content.php on line 98

両顎手術

id両顎手術

実績と最先端の医療技術力で
韓国の両顎手術をリードする

両顎手術とは?

両顎手術は、顎関節の異常で顎の位置や形・機能などが正常ではない場合に、上顎と下顎を正しい位置に移動させて顎の形や機能的な噛み合わせを改善させる手術です。しゃくれ顎・顔の非対称・面長・突き出し口など顎の問題を抱えている場合は、両顎手術が必要です。

両顎手術の骨の切る部分

両顎手術に対する関心や需要の増大に伴い、医療技術も更なる発展を遂げてきました。

美容的にも進化した両顎手術

深刻な顎の変形を治療するため、長い治療期間と辛いダウンタイムを乗り越えなければならなかった両顎手術が、今は患者様の利便を考慮しながら結果は安定した手術で、さらには美容的にも美しい顔を完成させる手術に現在も進化をし続けています。

id-伝統的な-両顎手術

現 両顎手術の歴史、韓国id美容外科

現 両顎手術の歴史は韓国id美容外科から始まりました。

韓国id美容外科

両顎手術の専門病院建設後、先行手術・ノータイ手術の導入まで韓国国内の両顎手術の医療技術と環境を発展させてきた中心にいたのは韓国id美容外科でした。

両顎手術のシミュレーション

その他にも、両顎手術のシミュレーションプログラムを韓国に導入、歯の模型の3Dスキャン技術の特許出願など、より精巧な手術のために努力を惜しまず続けてきました。

id-両顎手術-シンポジウム

両顎手術に関しては、韓国国内トップの実力であると自信を持って言える韓国id美容外科のプライドをかけて、毎年‘国際先行手術顎矯正シンポジウム’を開催し、両顎手術のノウハウを発信しています。

両顎手術の歴史は韓国id美容外科で始まりました。
両顎手術は顎の構造を正しい位置に修正する手術です
上顎と下側の咬合が合わない場合は、食べ物をきちんと噛むことができなかったり、きちんとした発音ができなかったり、日常生活で不快感な思いをする場合が多くあります。
そして非正常な形で筋肉を使ってしまうと、顔の非対称が更に悪化したり、顎関節症になってしまう等、健康上の問題が生じてしまう可能性が御座います。
この様な両顎の咬合の問題を改善するための手術が”両顎手術”です。
両顎手術は顎骨自体を切除し、移動させる為、顎が突出したり、骨の対称が合わず、顎がずれてしまっている場合などは両顎手術を通してこの様な問題を改善することができます。
また、両顎手術によって顎の構造が正常に戻ると、顔全体のイメージも変わる為、最近では顎矯正を目的とする整形手術と同時に小顔になれる、美的目的を追求することができる手術に発展しています。
両顎手術は顎が変化しても、顔のバランスと表情は自然でなければいけません。
両顎手術は、骨自体を切除し移動させる比較的難易度の高い、複雑な手術です。その為、何よりも精密な手術計画と十分な技術が求められる手術です。
韓国id美容外科は開院以来、両顎手術専門の医療チームを構成して継続的に両顎手術の経験とノウハウを蓄積してきました。
手術前には、3D顔面レントゲンの撮影や、精密機器を通じた診断と協議を通じて両顎の構造と顔の表情筋まで把握し、麻酔科、口腔顎顔面外科などの協診を通じてより安全で正確な手術を行います。
そのため、神経が損傷したり両顎が歪んでしまう等の副作用がほとんどなく、手術後も顔全体のバランスと表情まで自然な結果が得られる両顎手術がid美容外科であれば可能です。

id美容外科の両顎手術が適切な方
顔が歪んで顔面非対称の方
顎が発達して顔が長く、しゃくれあごの場合
口が全体的に突出していたり、逆に顎が後進している場合
笑うと、歯茎の露出が激しい場合
顔全体のバランスと表情まで考慮する韓国id美容外科の両顎手術
長年の両顎手術の経験とノウハウ – ほぼ完璧な咬合の改善と維持力
3D顔面レントゲン撮影と精密機器を通じた診断とじっくりと時間をかけて行うカウンセリング – 自然な表情や顔のバランスが完成
麻酔科学専門と、口腔顎顔面外科専門等の協診 – 手術後の副作用を最小限にします

顎矯正は迷わず、両顎手術の先導者である韓国id美容外科をご検討ください。

手術情報

time
手術時間

2時間30分

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

2日入院

scissors
抜糸

約2週間後

calendar
回復過程

2週間~1ヶ月後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真