• HOME
  • 輪郭整形
  • 輪郭整形

輪郭整形

韓国で輪郭整形はやっぱりid美容外科

韓国で輪郭整形はやっぱりid美容外科

もっと小さく、更に美しいフェイスラインを研究します。

もっと小さく、もっと美しく、フェイスラインのお悩みを強くお持ちの方にとってなめらかなVラインのフェイスラインはいつか叶えたい夢かもしれません。

韓国id美容外科では、小さく美しいお顔のラインにしたい方の想いを叶えるべく丸い顔、とがった顔、長い顔、全てのフェイスラインを自然な美しいVラインにすべく輪郭手術を今もなお、研究し続けています。

韓国の顔面輪郭整形の種類

輪郭の根本的な問題から考えます。

丸い顔、長い顔、でこぼことした顔など、輪郭の種類は様々です。このようなコンプレックスのせいでお悩みの方は
韓国初、保険福祉部認証の韓国id美容外科へ一度カウンセリングにお越し下さい。

韓国で顔面輪郭整形はどのように行われるの?

高い水準の手術ノウハウを兼ね揃えた顔骨専門医が執刀し外見の改善だけではなく機能的な問題までもを解決致します。
  • Step 1 : 患者様のコンプレックスとご希望する手術結果を慎重にカウンセリング
  • Step 2 : 安心整形総合検診を通した50種余りの精密診断
  • Step 3 : レントゲンと3D-CEでの精密診断及び分析
  • Step 4 : 各分野別の専門医療陣による手術計画のための会議
  • Step 5 : 手術は麻酔科の専門医も同行し安全に手術を進行
  • Step 6 : 手術後の回復と健康状態をチェックするための入院
  • Step 7 : お肌の弾力や素早い回復のためのアフターケアサービス
  • Step 8 : 患者様の回復具合や状態を確認し治療および経過のチェック

顔骨専門 担当医療陣が揃っているid美容外科

多様で多くのケースの経験があるidだけのノウハウだからこそ術前のプランから術後の結果にまで満足することが出来るのです。

 

顔骨専門担当医療陣

輪郭整形についてもっと知りたい方は

オンライン相談からお問い合わせが可能です。

オンライン相談

  • 韓国語が分からないのですが大丈夫ですか?はい。id美容外科では患者様がお望みの言語の通訳サービスをご提供しています。無料でサービスを行なっており 1:1 カウンセリング通訳の担当者が患者様のカウンセリング、手術、経過チェック、回復などの過程において通訳を担当し患者様が不便なく手術に集中出来るようお手伝い致します。
  • 手術後にダウンタイムはどれくらいですか?一般的にエラの手術の場合、患者様の状態に合わせて当日退院も可能ではありますが、麻酔から覚めている段階で痛みや発熱が生じる場合もあるため、手術部位の消毒などの経過チェックが必要です。また、安全で良い結果の為にも少なくとも一日の入院が望まれます。手術後2~3日ほど過ぎると日常生活が可能となり、手術時間も短く出血も少量で腫れが少ないことが特徴です。
  • 手術後に気をつけないければならないことは何ですか?手術後5~7日間ほど過ぎると大きな腫れはおさまり、出勤や日常生活は可能となります。手術後は口腔清浄剤で口の中を常に清潔に洗浄することが大事で、熱いものや辛いものは手術部位に刺激を与えてしまうため、避けるのが良いでしょう。また、手術後.2週間ほどは口を大きく開けたり、強い衝撃などには気をつけましょう。
  • 当日退院も可能ということですが、入院は必要なんですか?一般的に頬骨の手術の場合、当日退院も可能となります。実際に午前中に手術をされた患者様が麻酔から覚め、お一人でホテルへ戻られることもございます。しかし、宿泊先に戻られて横になる際は頭を下げたり前のめりになるような行動は控えて頂き、腫れや痛みを早くおさめる為にも、ふわっとした枕で頭を高くしてお休みになられるようにご案内しております。
  • 顔が非対称でも輪郭手術で改善が可能でしょうか?顎や歯並びに問題がない場合は、エラの手術でお顔の非対称改善が可能となります。 片方だけで噛んでしまうクセによって筋肉が発達してしまった場合、手軽にエラボトックス、または筋肉を一緒に切除するエラ削り手術で改善が可能です。骨の左右の発達差で非対称がある場合は、エラ削り手術で両方の骨の切除量を調節し、バランスの取れたVラインにすることが可能です。
  • 頬骨最大縮小術をすると頬が凹んでしまわないか心配です。何よりも術前に頬骨の状態を正確に分析し診断を行うことが大事です。レントゲン, 3D-CT 撮影等の検査結果を基に臨床経験が豊富な専門医とのカウンセリングが必須です。手術時には、皮膚と頬骨を最小に剥離して、頬骨や肌、軟部組織をなるべく高い位置で一緒に密着固定することでリフトアップ効果も与えつつ、id美容外科が考案したフリーバンドダブルケア固定ピンで前頬骨を丈夫に固定するため頬の凹みの心配はされなくても宜しいでしょう。
    ※ 横頬骨は患者様の骨の状態や執刀医の診断により自然癒着又はピン固定になります。
  • 頬骨縮小の手術後、また頬骨が発達することはありますか?顔骨の場合、成長期が完全に過ぎた後ですと再び発達をするということはありません。また、頬骨縮小術は頬骨自体を内側に入れ込み、新たな位置で固定または自然癒着法で癒着させる手術ですので、頬骨が再度発達するということは無いですのでご安心下さいませ。
  • 固定ピンは必ず使用するものですか?位置を移動させた頬骨がまたしっかりとくっつく為にも前頬骨は固定ピンを使用しております。(横頬骨は患者様の骨の状態や執刀医の診断により自然癒着又はピン固定と方法が異なります。)手術後3ヶ月ほどが過ぎると骨は完全に癒着し手術前のように強く固定され、手術時に使用した固定ピンはチタンの材質で数十年間、人体に使用されてきたインプラントの歯と同じ人体移植適合材料です。大きさはインプラントの歯よりも小さく、空港で検査ゲートを通過したり、CT、MRI検査をする際にも何の問題もありません。
  • Vライン手術方法の中でT字骨切りとまわし切りの違いは何ですか?まわし切りはエラから顎先に掛けて丸く整え自然なVラインを作る方法です。角張った顎は切除出来ますが、顎先をスリムにすることが難しいという短所があります。 Vライン形成は耳の下の角張ったエラはもちろんのこと、T字骨切りで顎先までスリムにすることが可能ですのでフェイスラインの全体的な改善が可能でエラ、顎の全てを整えるため、非対称の場合も高い効果を得られるため、患者様の満足度も高い手術方法です。