• HOME
  • 輪郭整形
  • 頬骨最大縮小術

Warning: error_log(/home/idhjp/promotion/logs/2020/02/facial-contouring_20200217.log): failed to open stream: No such file or directory in /home/idhjp/wp-content/themes/zeein/template-parts/content.php on line 98

頬骨最大縮小術

頬骨最大縮小術

正面・側面に突き出た頬骨により顔が大きく見えるなら
MMPポイントを生かして頬骨を削ることで小顔効果ばっちり!!

手術範囲が全部じゃないから、顔も生命のように!

id-頬骨最大縮小術-切骨

切骨の位置が違うidの技術力、idはHigh-L骨切り!

1. 骨切りの位置が違うidの技術力、韓国id美容外科はHigh-L骨切りでの頬骨整形を行います!

韓国id美容外科のHigh-L骨切り
id頬骨最大縮小術の骨切りの位置

2. 骨切りの位置が違うだけで、縮小の差がこんなにも!

Low-L骨切りVS High-L骨切り

id頬骨最大縮小術lowl切骨り
id頬骨最大縮小術highl切骨り

3. スリムな顔に、立体感のある頬のMMPポイント

id-頬骨最大縮小術-切骨-step1

Step 1

耳と鼻を結ぶ線と目尻と口角を結ぶ線が交差するポイントをチェック

id-頬骨最大縮小術-切骨-step2

Step 2

目尻から口角を結んで三等分し、目に近い部分をチェック

id-頬骨最大縮小術-切骨-step3

Step 3

目尻と小鼻の中央部、頬骨横部分と口角をそれぞれ結び交差ポイントをチェック

id-頬骨最大縮小術-切骨-md-ポイントゾーン

4. High-L骨切りで、最大限スリムに頬骨を削ることで満足度もHigh !

上方密着固定で頬のたるみの心配NO!

顔の幅を広くするMMPポイントを前頬に移動して立体感を出し、なるべく高い位置で密着固定することで頬のたるみの心配が無くなりました。 MMPポイント(Maximum Malar Projection)頬骨で一番ポコッと出ている部分で、前頬の方に位置することが理想です。

より一層小顔に!

頬骨の高い位置から骨切りを行うことで、頬骨の幅をより縮小し、前頬の部分にボリュームが出来ることでより小顔効果があります。

ナチュラルな縮小効果!

最後に90度の横頬骨まで斜線骨切り術で滑らかにし、骨の段差・屈曲無くすことで自然なVラインになります。韓国で頬骨整形と言えばやっぱりid美容外科、最大の小顔効果を叶えます。

韓国id美容外科 頬骨縮小手術

顔の中間部分である頬骨が発達している( 頬骨が出ている)と、顔が全体的に広く見え、立体感がなくなり、田舍臭さと強い印象を与えてしまいます。
そのため、女性の場合は尚更頬骨に対するコンプレックスを持ちやすい傾向にあると言えるでしょう。 顔の印象で、頬骨が目立っている方には、輪郭を柔らかく、そして明るい印象に見せる効果のある韓国id美容外科頬骨縮小術( 頬骨削り・ 頬骨整形)が効果的でお勧めです。
また、年を重ねたり痩せてしまったりしながら、以前は目立たず気にならなかった頬が目に入って来てしまい、脂肪移植を通して頬骨が突出を目立たなくする方が増えてきます。

韓国id美容外科の頬骨縮小術の原理と過程( 頬骨整形韓国・ 韓国頬骨整形)
ほとんどの頬骨は本体と頬骨の側面の両方が発達した場合なので、一般的には両部分の手術を同時に行うことが多いです。 手術の概念は、突出した骨の突出度合いを減らすとことです。 そのような効果のためには、突出した骨の表面を削り取り、突出度合いをなくす方法もありますが、頬骨の本体や頬骨の側面の骨の厚さは本来それほど厚くない為、十分な効果を得るためには、切り替えなければならない骨の量が本体部分の量よりも多いため限界があります。 従って、頬骨の本来の形は維持しながらも、立体的な位置の移動を通して骨の突出具合を減らすように調節する方法を使用します。

人によって頬骨の形はまちまちですが、本体が主に出てしまっている場合、頬骨の側面が主に出てきた場合、どちらとも多く出た場合などです。 このように様々な頬骨の突出部位を手術で最も効果的に入るようにすることが重要であり、韓国id美容外科手術のノウハウが凝縮されている手術です。

手術情報

time
手術時間

20分~1時間

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

1週間後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真