• HOME
  • 両顎手術
  • 突き出し口三顎手術

Warning: error_log(/home/idhjp/promotion/logs/2020/04/orthognathic-surgery_20200401.log): failed to open stream: Permission denied in /home/idhjp/wp-content/themes/zeein/template-parts/content.php on line 98

突き出し口三顎手術

突き出し口三顎手術

より発展した
両顎手術が必要な場合は

突き出し口三顎手術とは?

突き出し口三顎手術は、両顎手術+セットバックのことで、重度の突き出し口で重度の顎なしである場合に必要な手術です。
犬歯のすぐ後ろの歯を左右1本ずつ抜歯し、抜歯した部分の歯茎の骨(歯槽骨)を切り離し、前部分の歯と歯茎を後ろ側に押し込みます。加えて両顎手術で下顎を十分に前に移動させ、深刻な顎なしを同時に解決できる手術法です。

id-突き出し口三顎手術-セットバック
セットバック

(前方分節骨切り術)

id-突き出し口三顎手術-両顎手術
両顎手術

(下顎枝矢状分割法)

id-突き出し口三顎手術-三顎手術
三顎手術

(セットバック+両顎手術)

“突き出し口と顎なしの症状が重度の場合、三顎手術が必要です。”

id-突き出し口三顎手術-突き出し口
三顎手術が必要なケース

三顎手術は両顎手術とセットバックを同時に行います。

突き出し口と顎なしを伴い、またその症状が重度である場合はセットバックや両顎手術1つのみでは効果が十分でない場合があるため、上顎と下顎・歯茎の骨(歯槽骨)の位置を全てバランスよく整えるには、これを全て調整する三顎手術が必要です。

id-突き出し口三顎手術-セットバックで矯正
セットバックで矯正
歯茎の骨(歯槽骨)のみを切除して後退させた場合、上下の突き出し口は改善されるが、顎なしはより症状が酷くなる
id-突き出し口三顎手術-両顎手術で矯正
両顎手術で矯正
上下顎を移動させる両顎手術を行う場合、下の歯茎の骨(歯槽骨)の突出で顎なしである下顎を前に十分に移動できないという限界が発生
id-突き出し口三顎手術-三顎手術で矯正
三顎手術で矯正
歯茎の骨(歯槽骨)を切除し、突出した歯茎を整え、下顎を前に十分に移動させて顎なしと突き出し口を同時に改善

三顎手術、韓国id美容外科のメリット

id-突き出し口三顎手術-高難度の手術が可能な病院

1. 高難度の手術が可能な病院

両顎の技術力+臨床経験を基に専門診療

  • 大学病院の教授出身である実力ある医療陣が手術を執刀
  • 4000例余りの両顎手術の治療事例を基に安全な治療

id-突き出し口三顎手術-協力診療システムを備えた病院

2. 協力診療システムを備えた病院

美容外科+口腔顎顔面外科+歯科 協力診療

  • 手術前、全医療陣の討論で手術計画を立てる
  • 手術後、医療陣が手術結果・レビュー・患者様の回復経過チェック

id-突き出し口三顎手術-両顎手術・突き出し口手術専門病院

3. 両顎手術・突き出し口手術専門病院

両顎・突き出し口手術を細分化し、専門性を強化

  • 患者様の状態に合った手術法で手術を行う
  • 両顎先駆者の技術力で様々な突き出し口の臨床経験を保有

正面からの輪郭の形と同じくらい重要な横顔を改善したいのであれば、韓国id美容外科の突き出し口整形
綺麗な歯茎が作り上げる魅力手で美しい口元
しゃくれ顎、突き出し口はあまり良いイメージを与えない原因の1つです。
ほとんどの方々は鏡を通してご自身の姿を確認する為、正面から見た自分の顔立ち、輪郭を気にされます。
しかし、第三者が自分を見る際は、正面と同じくらい横顔の輪郭線も目に入ります。
そして横顔は、顔の立体感が一目で分かる為、相手の印象を作り上げる大きな要素の一部です。
不自然な目や鼻立ちが原因で顔の大きさが大きく見えてしまったり、ほうれい線やあごのシワなどがあると、実際の年齢より老けた印象を与え、口元がずれていると怒っているかの様な印象を与えてしまいます。
また、美容的な問題だけではなく、不正咬合が引き起こす噛み合わせによる消化不良、虫歯、口腔呼吸によるアレルギー誘発などの健康上の問題も誘発する為、正確な診断を介して問題を把握し、改善することが大切です。
韓国id美容外科は原因を正確に把握し、適切な手術計画を立てます。
医学的に突き出し口とは、鼻先と顎の先端が交わる線よりも口元が突き出してしまっている場合を指します。
その代表的な原因としては、歯だけが突出している場合と歯茎の骨も一緒に突出してしまっている場合があります。
歯だけが突出している場合は、基本的な矯正治療を通して突き出し口を改善する事ができますが、東洋人の多くの場合は、歯茎の骨が一緒に突出していまっているケースが多く、その種類も多様であるため、より正確な状況を確認し、1人1人のお客様に沿った適切な手術計画を立てることが重要です。

韓国id美容外科の三顎手術の核心はAポイントの移動です。
Aポイントとは? Aポイントは、横顔から見たとき、鼻柱と人中が交わる位置を差します。
東洋人の多くの方は、このAポイントが前進している状態の突き出し口が多いです。つまり歯茎の骨自体が前方している事を意味します。
したがって、より効果的な突き出し口整形を行うためには、歯を含む上顎を切開しAポイントを移動させることが重要な手術のポイントになります。

韓国id美容外科は、このAポイント確実な移動が可能です。
精密な手術計画を立て、移動する骨の適切な位置を確保した後、顎骨を移動させるため満足していただける結果を提供できます。
また、より正確な骨切術を行うため、血管を守りながら組織の損傷を減らし、より安全でお客様に負担の少ない手術を行っております。
韓国id美容外科は、歯の構造の改善と美的満足を同時に考えています。
顎修正整形は、適切な歯の構造と美容的な改善も期待できる素晴らしい手術です。しかし、顔の立体感や美の基準は横顔の基準で相対的に左右される為、しゃくれ顎の方もその程度は人によって異なります。その為、機能的に改善された顎の位置が必ずしも美容的にも満足のいく結果であるとは言えないのが事実です。もし美容的な劇的な変化を期待していたお客様が、手術後、思ったよりも手術結果に満足できなかったという場合があるとしたら、この様な機能的な改善のみ検討した手術であったと推測できます。
だからこそ、韓国id美容外科は一人一人のしゃくれ顎のタイプを詳細に分析し、それぞれに合った突き出し口整形を行います。
歯の構造を正しく矯正すると同時に、一人一人のコンプレックスを改善することができる手術を行ないます。
この様な事から、id美容外科の突き出し口整形は美容的な改善も、機能的な改善も満足の行く結果を提供できます。

手術情報

time
手術時間

2時間

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

2週間~1ヶ月後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真