• HOME
  • 両顎手術
  • ノータイ両顎手術

ノータイ両顎手術

ノータイ両顎手術

顎を固定させない
楽で安全な両顎手術

ノータイ両顎手術は選択ではなく“必須”
安全を考慮するなら固定してはいけません。

顎間を固定してしまうと、鼻が詰まった時に呼吸が苦しくなり気道閉塞の危険性が生じます。
安全性を高めるためにもノータイ両顎手術は必須なのです。

患者様を第一に考えた
ノータイ両顎手術

当手術は顎の骨の位置や形、機能などが正常でない場合に、顎の位置を正しい位置に戻し、正しい咬合機能へと改善する手術です。顎間を固定しないので、呼吸が楽で安全です。

‘患者様を一番に考え’開発した
ノータイ両顎手術

01
楽な呼吸

顎間を固定しないので呼吸が楽に出来、
気道閉塞の危険性が無いのでより安全です。

02
手術前の矯正が要らない′先行手術′

原則的には両顎手術の前に矯正治療を行いますが、当手術ではその過程を省くことが出来るので治療期間の短縮が可能となります。それだけでなく、しゃくれ顎の悪化を即時に改善することもできます。

  • シンポジウム開催(先手術のノウハウを伝承)
  • 2012年 韓国初の‘先手術ライブサージェリー’試演
  • 3,000以上の臨床例
  • 95%以上の高い先手術率
03
誤差まで予測する顔骨科学

先端の機械を使って、顎から脳までにかけての神経線の位置を精密に診断します。誤差まで予測するので安全な手術が可能です。

患者の3D-CT画像を通して神経線の位置を把握
断面図を使って神経線の位置を精密にシミュレーション

他院で顎間固定を行う理由は?

正確な位置で噛み合わせを固定することが出来ないからです。
無固定の両顎手術を可能とする
idが誇る真の技術力

id美容外科は先駆けた技術力で正確な噛み合わせを
実現させるので顎間を固定をする必要がありません。

超精密な顎関節登録システム

関節維持術

咬合維持術

患者様がより楽になったノータイ両顎手術

id-たノータイ両顎手術
既存-両顎手術
id-改善-ノータイ両顎手術

目に見えてわかる
早い回復速度

顔骨専門担当チームの協力診療システム

技術面における
協力診療

各専門担当医の様々な
手術方法を共有し、
最も安全で適した手術方
法について集中検討

手術プラン

不必要な骨切りや剥離、
矯正部位の確認及び追
加の補完部位について検討

審美性

患者さんの希望や好み
などを考慮し、最も綺
麗に仕上がる合意点で
手術プランを樹立

イ・ソクジェ院長

イ・ソクジェ院長

整形外科専門医との
両顎機能/審美治療を協力診療

パク・サンフン病院長

パク・サンフン病院長

大韓民国
綺麗な両顎手術の先駆者

イ・テソン院長

イ・テソン院長

学術と医術、両方を兼ね備えた
両顎手術の実力者

ヒョン・ウォンソク院長

ヒョン・ウォンソク院長

新たな人生へと導く
両顎手術の神様

顔骨専門担当医療陣がいる
顔骨手術を中心に行うid美容外科

市場をリードする
顔骨手術を中心をする病院

2003年から始まった顔骨を専門に
行う病院であり、世代を超えいくつ
もの論文研究を発表し、顔骨を専門
に扱う整形外科として市場をリードしています。

顔骨専門担当センターが
運営する病院

顔骨専門担当医師がいるid美容外科
は顔骨センターを運営し、専門医療
陣が両顎手術を中心とした診療を
行っています。

多様で豊富な
手術ケース

多様で豊富な手術例を通しid美容外
科独自のノウハウを積んできたこと
により、手術プランから術後経過ま
でご満足して頂けます。

ノータイ両顎手術の強み

楽な呼吸

顎間固定をしないので、自由に呼吸やお食事、会話が可能


先端技術を使った精巧な噛み合わせ

id独自の技術力で既存の顎関節の変化を最小限にし、正確な噛み合わせを実現させ本質的な問題を解決する


短い回復/期間

顎間固定をしないので、食事を通した栄養摂取と日常の会話が可能であり、顎関節の回復が早まる


安全で衛生的

顎間固定をしないため、低酸素症や気道閉塞等の危険要因がなく、安全で衛生的に歯茎を管理することができる

手術対象

  1. 手術が不安ですぐ決断できない方
  2. 短いダウンタイムを望まれる方
  3. 鼻呼吸が苦しい方
  4. 体や弱く手術が負担に感じる方
  5. 家族が手術の安全性について心配されている方
  6. より楽な回復を望まれる方

手術情報

time
手術時間

約2時間

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

3日間

scissors
抜糸

約10~14日後

calendar
回復過程

約2週間

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真