• HOME
  • 輪郭手術
  • Vライン形成

Vライン形成

Vライン形成

顎先の長さと形を自由自在に!
顎先まで小さくスリムなVライン!

idのVライン形成

Vライン形成は、耳の下から顎先までスリムにする手術で、正面のスリムな効果が大きい手術です。顎先の形や長さによって‘T字骨切り術’又は‘ダイヤ骨切り術’を用いて輪郭の手術が行われます。

id-vライン形成

最も発展したエラ削り手術 Vライン形成

時間が経つにつれ美の基準と患者様のニーズが変化しながらエラ削り手術の方法も変化を重ねてきました。
これにより単純な耳の下の角をなくす手術を越え、顎先までVラインにするために最も発展した手術方法で
ある‘Vライン形成’がid美容外科で誕生しました。

id-vライン形成-耳下-エラ削り-手術
1世代 耳の下のエラ削り手術

四角く見える原因である耳下のエラを切開し、角ばった部分だけをなくす手術法です。

エラはなくなりますが、若干角が出来て五角形の輪郭になる可能性があります。

id-vライン形成-全体を丸く削る
2世代 全体を丸く削る

角ばって広い顎の面積を減らすためにエラと一緒に前顎まで丸く整え卵型にする手術法です。

柔らかい輪郭に出来ますが顎先まで小さくするのは難しく、顎なし、軽いしゃくれ顎、非対称は一緒に改善することは出来ません。

id-vライン形成-手術
3世代 Vライン形成

idの考え:顎先までスリムに出来ないだろうか?
T字骨切り術とエラ削りが結合した手術法としてエラはもちろん顎まで最大限に小さくし顎先までスリムなVラインを作ります。

サービス標登録第41-0351409号
id-vライン手術-t字骨切り術-サービス

T字骨切り、
id美容外科が初

極大化されたVラインを作る核心である
T字骨切り術はid美容外科が国内に導入しました。

id美容外科は大韓整形外科学会でT字骨切りによるVライン形成を紹介した病院としてアメリカ整形外科学会誌の発表で手術法の安全度を国際的にも認定されました。

id-vライン形成-t字骨切り-美容外科
id-vライン形成-t字骨切り-手術-安全度

T字骨切りの特徴

T字骨切りは下顎をT字に切骨し中央に寄せる方法で、元々癌や疾病の治療を目的とし施術されていたものでしたが、

id美容外科のパク・サンフン院長が美容整形に繋ぎ合わせた切骨法。
国内だけではなくアメリカ美容外科学会誌にも論文が取り上げられ、
国際的に認定を受けた切骨術。

id美容外科ではT字骨切り術を患者様の骨格の状態により多様に変形させ行っています。

T字骨切りの多様な変形

id-vライン形成-y字骨切り
Y字骨切り

  • 神経線が上に位置している場合Y字骨切りで切骨しVラインになるよう中央に寄せる

id-vライン形成-ㅅ字骨切り
ㅅ字骨切り

  • 顎先が長い場合、ㅅ字型に切骨し顎先の長さも調節する

id-vライン形成-w字骨切り
W字骨切り

  • W字型に切骨し、顎先の長さを調節し両サイドの顎ラインをスリムに整える

id-vライン形成-m字骨切り
M字骨切り

  • 顔の比率に合わせて顎先のデザインを切骨しVラインになるよう中央に寄せる

複雑に骨切りさえすればVラインになれるのか?

01

10年以上積み重ねられた顔面輪郭手術のノウハウはT字骨切り術と共に確実なVライン効果を生み出します。

02

id美容外科は複雑に手術をしなくても最高のVライン効果を生み出す手術のノウハウを持っています。

03

精密な検査、正しい診断により個人個人に最も適合した骨切り法を適用します。

海外からも注目され国内特許を取得したid顎先手術法

1. T字骨切り術+エラ縮小

T字骨切り手術法
id-顎先-手術法-t字骨切
id-顎先-手術法-t字骨切-登録証

2. ダイヤ骨切り術+エラ縮小

ダイヤ骨切り手術法
id-顎先-手術法-ダイヤ骨切り術
id-顎先-手術法-ダイヤ骨切り術-登録証

顎先の長さと形によって自分に合った骨切り術

T字骨切り術
区分
ダイヤ骨切り術
“T”字型骨切りの形態5角ダイヤモンド形
可能性低い神経損傷可能性低い
サンドウィッチ
T字骨切り術可能
顎先の短縮可能
不可能顎先の延長可能(4mm前後)
自家骨を移植
又は人工骨挿入
長さ延長追加手術別途の追加手術
必要なし

Vライン形成の特徴

Point 1

顔の長さの問題なし!どんな顔の形でもVライン!

id-vライン形成-特徴-長い顎-場合
id-vライン形成-特徴-短い顎-場合
長い顎、短い顎、全てバランスに合ったVラインOK
顎先は下に下げ、よりスッキリしたVラインOK
幅の広いエラを縮小し、よりスリムなVラインOK

Point 2

斜線骨切り術で薄く!厚い顎ラインがスリムに!

id-vライン形成-厚い顎-スリムに

Point 3

立体感のあるVライン! 黄金比率・バランスもOK!

立体感が出るから!

id-vライン形成-立体感

黄金比率に合わせるから!

id-vライン形成-黄金比率

Vライン形成のメリット

1. 多様なタイプの矯正が可能

顎の骨の面積縮小はもちろんのこと顎先の長さと位置まで自由に調節が可能なためどんなタイプでも小顔で綺麗なラインにすることが出来ます。

大きくて幅のある顎ライン
id-vライン形成-メリット-大きくて幅のある顎ライン

幅のある顎骨の全体面積から顎先までを確実に縮小

平たい顎ライン
id-vライン形成-メリット-平たい顎ライン

顎先が丸くないスリムな顎に改善が可能

面長
id-vライン形成-メリット-面長

顎先の幅と長さを一緒に減らし短くスリムな顎に改善が可能

受け口
id-vライン形成-メリット-受け口

顎の長さを短くし、顎先を引っ込めてしゃくれ顎の改善が可能

短い顎
id-vライン形成-メリット-短い顎

顎先の長さを延長させ、全体的にスリム効果を与える

非対称
id-vライン形成-メリット-非対称

顎先の中心を合わせて両側のラインを正し、非対称の改善が可能

2. お好みのフェイスライン

Vライン形成は一人ひとりのご希望により手術前に様々な顎の形を比較し、専門医と協議の上で顎先の形を決めることが出来ます。

id-vライン形成-好-フェイスライン

3. 副作用の無い安全性

Vライン形成は神経線を避けて手術することで神経線の損傷の危険性が少なく、顎ラインのたるみを最小化させ手術後に高い満足度を得られます。

id-vライン形成-好-副作用-無-安全性
イ・ジヒョク院長が語る
T字骨切り術がVラインに必ず必要な理由

現在エラ削りを行う美容外科のうちT字骨切り術を行わない病院はほとんどありません。T字骨切り術が側面はもちろん正面からも完璧なVラインを作り出すことが出来るからです。

id美容外科がT字骨切り術を初めて開発する前まで既存のエラ削り手術は耳の下から反対側の耳の下までを丸く削る方法で顎のラインを整えていました。
しかし、この方法では下顎の丸みを減らすことが出来ず、いくらサイドラインを整えたとしても正面からはスリムに見えないという限界がありました。

よって下顎を効果的に減らすことが出来る方法を探していたところ、イギリスから下顎に出来た癌をT字に切開し治療した事例を導入し、下顎までスリムにすることが出来る今のT字骨切り術が誕生しました。

スリムで綺麗な結果のため、今のVラインにはT字骨切り術が必須なのです。

既存のエラ削り手術の限界を克服したT字骨切りは
今ではVラインを作るための必須条件です。

id-vライン形成-いしゃ

手術情報

time
手術時間

1時間30分

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

1週間後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真