頬骨最大縮小術

手術範囲が全部じゃないから、顔も生命のように!

切骨の位置が違うidの技術力、idはHigh-L骨切り!

1. 骨切りの位置が違うidの技術力、韓国id美容外科はHigh-L骨切り!

2. 骨切りの位置が違うだけで、縮小の差がこんなにも!

Low-L骨切りVS High-L骨切り

3. スリムな顔に、立体感のある頬のMMPポイント

Step 1

耳と鼻を結ぶ線と目尻と口角を結ぶ線が交差するポイントをチェック

Step 2

目尻から口角を結んで三等分し、目に近い部分をチェック

Step 3

目尻と小鼻の中央部、頬骨横部分と口角をそれぞれ結び交差ポイントをチェック

4. High-L骨切りで、最大スリムだから満足度もHigh !

上方密着固定で頬のたるみの心配NO!

顔の幅を広くするMMPポイントを前頬に移動して立体感を出し、なるべく高い位置で密着固定することで頬のたるみの心配が無くなりました。 MMPポイント(Maximum Malar Projection)頬骨で一番ポコッと出ている部分で、前頬の方に位置することが理想です。

より一層小顔に!

頬骨の高い位置から骨切りを行うことで、頬骨の幅をより縮小し、前頬の部分にボリュームが出来ることでより小顔効果があります。

ナチュラルな縮小効果!

最後に90度の横頬骨まで斜線骨切り術で滑らかにし、骨の段差・屈曲無くすことで自然なVラインになります。

Comments are closed.