若返り眼下脂肪再配置

ずっと悩んでいた目袋(目の下の膨らみ)を取り除き
明るく若々しい印象に!

若返り眼下脂肪再配置

若返り眼下脂肪再配置とは?

年齢を重ねると目の下の脂肪組織が薄くなり、瞼が下に弛み膨らんでくることで実年齢よりも老けて見え、影ができやすくクマのように見える場合もあります。このような場合、単に脂肪のみが膨らんでいる場合は、簡単に眼下脂肪除去を行えば改善出来ますが、膨らんだ目の下の脂肪に加えてゴルゴ線がある場合には、若返り眼下脂肪再配置が必要となります。

眼下脂肪除去

単純に目の下の脂肪のみが膨らんで目立つ場合に行う

若返り眼下脂肪再配置

膨らんでいる目の下の脂肪+ゴルゴ線がある場合に行う

下眼瞼手術

膨らんでいる目の下の脂肪+ゴルゴ線+皮膚が伸び弛みがひどい場合に行う

‘若返り眼下脂肪再配置’手術方法は?

手術前
最小切開
手術
手術後

STEP 1:手術前、整形外科専門医の十分なカウンセリングを基に、手術部位のデザインを行います。

STEP 2:目の内側を最小切開します。

STEP 3:眼下脂肪再配置により、目つきを矯正します。

STEP 4:約1週間後、一段と若くなった目元が完成します。

若返り眼下脂肪再配置のメリット

メリット1

若々しい目元の完成!

目の下の影になっている部分が明るくなることで、一層若さが増し、魅力的に見えます。若返り眼下脂肪再配置は、ポコッと膨らんだ脂肪を取り除き、ゴルゴ線を無くし、さらに目の下に影をつくる原因まで取り除くため、明るい印象を与えるのはもちろんのこと、若々しい目元を完成させます。

メリット2

再発なく半永久的な効果まで!

目の下の脂肪を骨膜の上の筋肉下層に移動させて再配置する場合、時間が経つにつれて組織の弾力が低下していき、再び膨らんでくる可能性があります。id美容外科では、最も丈夫な部分である骨膜の下方に再配置を行うため、時間が経っても再発することなく半永久的な効果があります。

メリット3

傷跡がない!

瞼の内側にある結膜を切開するため、お肌表面には傷跡が全くありません。

韓国下瞼整形!眼下の美容整形手術とは?

目の下の手術は年齢別によって様々な改善方法に分かれます。
手術的な方法としては、目の下脂肪除去術(韓国下瞼脂肪吸引)、目の下脂肪再配置、下まぶた(下眼瞼)手術があり、
レーザーを利用して脂肪袋の大きさを永久的に最小化する非切開施術法もあります。

・韓国下瞼若返り
根本的に下まぶたの整形手術は、クマ等の眼下の色の暗さや憂鬱そうな目つきを明るく爽やかなパッチリ目元へと改善する手術です。

韓国id整形外科では、個人に合わせた目の下の手術方法をご提供致します。
目の下の脂肪袋の量や肌のたるみ、あるいはクマの原因となって、憂鬱に見える方がたくさんいます。 下記項目の分析を通じて各手術方法による手術効果が異なりますので、個人の特性に合わせたオーダーメイド式の眼下手術法を選択しなければなりません。

1.皮膚、筋肉のたるみの程度
2.突出した脂肪袋の量
3.涙溝の深さ
4.ボリューム減少

眼下脂肪除去及び眼下脂肪再配置
肌のたるみのない若い年齢にも関わらず、目の下の脂肪袋が膨れ上がった場合があります。
目の下の脂肪袋がふっくらと突き出ている場合は、疲れているような印象と、落ち込んでいるようなマイナスな印象に見えます。
韓国目の下脂肪改善術の種類として、簡単な手術もしくは、非手術法による、膨らんだ目の下の脂肪を取り除くことで、明るく若々しいイメージへの改善に大きな効果が御座います。

韓国id美容外科の眼下脂肪手術及び下瞼の手術を推薦するケース
・肌のたるみはなくデコボコとした場合
・ぷっくりと出た眼下の脂肪による暗いイメージの改善を望む場合
・年齢が若い場合

眼下脂肪再配置( 韓国眼下脂肪再配置)
ふっくらと出た脂肪袋の下に深く掘られたシワのように見える部分を涙溝といいます。
この部位は筋肉が骨についていた場所で、周辺組織が薄くなる原因と、膨れ上がった脂肪袋のたるみ現象で溝のように見えることで涙溝と呼ばれています。 このような場合は、簡単な手術方法である脂肪除去手術だけでなく、涙溝の部位へ脂肪を再配置する方法によって改善が可能となります。

下まぶた成形
年を取るにつれて下の瞼にできる老化の現象で、皮膚と筋肉が下がったり、ふくらんだ脂肪のボリューム感とひどくへこんだ涙溝の複合的な現象で、若々しく華奢なイメージへと改善をするために下瞼の手術が必要となります。
下瞼成形時、瞼がひっくり返ったり、下に引きずり下がる現象が発生すると、外観上醜い目の姿になるだけでなく、目が見えにくく、目がしみる症状も発生し、継続的に涙が出るという症状が生じることもあるので、これらを予防するための施術が必ず伴われなければなりません。

Comments are closed.

手術情報

手術時間

30分

麻酔方法

短期睡眠麻酔

入院治療

当日退院

抜糸

なし

回復過程

2~3日後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。
予約 仮想
整形
TOP