論文、研究活動

輪郭専門医療陣の論文発表

正面から見ても綺麗な輪郭

手術の始まりはid美容外科
最新手術もid美容外科

2008 T字骨切り

  • 神経線が傷つく危険性も無く顎先を効果的に小さくし、正面から見た姿まで美しい’T字骨切り術’を開発
  • 世界的権利のある学術誌の代表PRSにid美容外科の’T字骨切り術’の研究論文が搭載
  • 1990年 癌や疾患の治療目的として イギリスの成功的な手術の骨切り法から考案
  • idは国内には無かった’顎先まで小さくする輪郭手術’に この骨切り法を導入し手術を実施
  • 神経線が傷つく危険性も無く顎先を効果的に小さくし 正面から見た姿も美しい’T字骨切り法’を開発

世界的権利のある学術誌の代表PRSにid美容外科の’T字骨切り術

Park S. Noh JH. Importance of the chin in lower facial contour : narrowing genioplasty to achieve a feminine and slim lower face. Plastic and Reconstructive Surgery 2008;122(1):261-268

2014年 ミニVライン

  • T字骨切り術の精密さを生かし、サンドウィッチ骨切り術で長さを短くし
  • 顎先の前進や後進を可能にし、長い顎としゃくれ顎の症状も改善出来る’ミニVライン’を開発
  • 世界的に有名な学術誌であるJCSに’ミニVライン手術’の研究論文が搭載
  • 手術プランに基づき一定量の骨を切ることが出来るDouble-Bladed Sawを用い長い顎の高さを調節
  • 定量化された骨の切除により神経損傷の危険性を最小限に抑え 顎先の幅をスリムに縮小
  • 噛み合わせに問題の無いしゃくれ顎や面長、顎なしなど 顎の前進や後進を行い症状を改善

世界的に有名な学術誌であるJCSに’ミニVライン’手術 研究論文が搭載

Lee TS, Kim HY, Kim T, LeeJH, Park S. Importance of the chin in achieving a feminine lower face: narrowing the chin by the “mini V-line” surgery. Journal of Craniofacical Surgery 2014;25(6):2180-2183

2014年 ダイヤ骨切り

  • 骨の移植をすることなく、顎先の長さを出すことが出来る最新版のVライン手術
  • 既に発表されていた自家骨移植のデメリットを補った’ダイヤ骨切り’を開発
  • 世界的に権威のある学術誌のPRSに’ダイヤ骨切り’の研究論文が搭載
  • 顎先が広く長さが短い場合にも 顔のバランスに合わせてスリムになることで満足の行く結果になるという考え
  • 顎先の幅と一緒に長さを短くすることが可能で 骨の移植をすることなく自家骨で長さを出す方法を研究
  • 自家骨を移動させ顔のバランスを整え 手術時間の短縮及び変形の恐れが無い結果に卓越
Lee TS, Kim HY, Kim TH, Lee JH, Park S.
Contouring of the lower face by a novel method of narrowing and lengthening genioplasty.
Plastic and Reconstructive Surgery 2014;133(3):274e–282e

美しい輪郭のための研究開発

id美容外科の様々な論文発表(~2017)

透明輪郭手術に関する論文

Lee TS. A simple and reliable method of narrowing genioplasty using biodegradable screws. Journal of Craniofacical Surgery 2016;27(1):185–187

輪郭手術の標準化に関する論文

Lee TS. Standardization of surgical techniques used in facial bone contouring. Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery. 2015;68:1694-1700.

頬骨横幅縮小術に関する論文

Park S, Kim DH, Kim T, Lee TS. The mini-zygoma reduction surgery: A simple and reliable approach for mid-face narrowing. Journal of Craniofacical Surgery. 2016;27:1298-1301.

顎先プロテーゼ手術に関する論文

Lim JW. Dual Plane Augmentation Genioplasty Using Gore-Tax Chin Implants. Archives of Craniofacial Surgery Vol.15 No.2, 82-88

頬骨アーチシェービング手術に関する論文

Lee TS. The importance of shaving the zygomatic process during reduction malarplasty. International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery. 2016;45:1002-1005.

エラ、下顎同時手術に関する論文

Jin H, Park S, Kim BH. Sagittal split ramus osteotomy with mandible reduction. Plastic and Reconstructive Surgery 2007;119(2): 662–669

  • Byeong Min Lee, In Seok Hwang, Jai Ho Chung, Kwan Sik Kim. Reduction of Zygomatic Arch Fractures Via Postauricular Approach. J Korean Soc Plast Reconstr Surg 1999 Jul 026(04): 563-566
  • Jae Ho Choi, M.D.1, Joon Choe, M.D.1, Young Hwan Kim, M.D.2, Sung Ho Yun, M.D.2, Young Soo Kim, M.D.1, Young Woong Choi, M.D.1 The Correction of Mild Mandibular Prognathism Using Mandibular Anterior Segmental Osteotomy J Korean Soc Plast Reconstr Surg 2007 Nov 034(06): 777-784
  • Yoon, K.C., Park, S. Systematic approach and selective tissue removal in blepharoplasty for young Asians. Plastic and Reconstructive Surgery .102:502,1998.
  • Chee Young Bang, Suk Wha Kim. Photographic Analyses of Lip Repair in the Bilateral Complete Cleft Lip and Palate. J Korean Soc Plast Reconstr Surg 1999 Mar 026(02): 222-228
  • Correction of facial linear scleroderma ‘coup de sabre’ with BoneSource. / J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2009 Feb;62(2):e25-8
  • Transconjunctival Lowering of the Lateral Lower Eyelid by Shortening of the Posterior Lamellae / Archives of Aesthetic Plastic Surgery 2012 Jan 18(1) 26-30

国際先行手術 – 顎矯正シンポジウム

id美容外科は国内初の <国際先行手術 – 顎矯正シンポジウム>を計4回に渡り開催し
国際的に先行手術-顎矯正手術の実力が認められるきっかけとなりました。

第1回
歯列矯正及び顎矯正手術
国際シンポジウム

第2回
国際先行手術顎矯正
シンポジウム

第3回
国際先行手術顎矯正
シンポジウム

第4回
国際先行手術顎矯正
シンポジウム

特に第4回シンポジウムでは
国内初の両顎手術ライブ手術を行い、学界の大きな関心を招きました。

パク・サンフン総院長講演の下、整形外科医ヒョン・ウォンソク院長と口腔外科医イ・ソクジェ院長が両顎手術を執刀する姿が講演会場にリアルタイムで中継され国内外の専門家から注目を浴びました。

id美容外科は関連分野の医療陣と継続的な学術交流を行っていく予定です。惜しみない研究と患者様のための新しい手術方法の開発で 国内外の顎矯正技術発展のため努力を続け、世界のトップになれるよう日々精進致します。

id美容外科の輪郭専門医療陣による学会活動

    • 2014. 顎先延長Vライン手術方法の発表及びアメリカ整形外科学会誌に搭載
    • 2012. 第4回id国際先行手術顎矯正シンポジウム開催
    • 2011. 第3回国際先行手術顎矯正シンポジウム開催
    • 2011. 第3回 WILLIAM H.BELL LECTURESHIP 国際学会招待発表
    • 2010. 第2回id先行手術顎矯正シンポジウム
    • 2010. ノータイ両顎手術発表及び施行
    • 2009. 第1回id歯列矯正及び顎矯正手術国際シンポジウム開催
    • 2008. 第65次大韓整形外科学会学術大会発表
    • 2008. 第7次アジア太平洋頭蓋顔面学会APCA参加
    • 2008. 大韓整形学会春季学会講義及び発表
    • 2007. Vライン手術アメリカ整形外科学会誌搭載
    • 2006. 日韓整形外科学会発表
    • 2006. ミニVライン(T字骨切り術)学会発表
    • 2005. 第11回国際頭蓋顔面整形外科学術大会
    • 2005. 実践頭部放射線計測分析発刊
    • 2005. ダラスの鼻整形学翻訳発刊
    • 2002. アメリカ整形外科学会優秀論文競進大会 – 今年の研究者賞受賞
      論文名:血管幹細胞組織活性化の研究 (Selective recruitment of endothelial progenitor cells to ischemic tissues with increased neovascularization.)
    • 1999. 吸収性ピン国内導入

Comments are closed.