国家認証

保健福祉部国家認証病院id美容外科

保健福祉部認証を取得

清浄AIRケア

細かいOBJECTケア

衛生DIRECTケア

専門医療陣TRUSTケア

安全な国家認証総合検診

専門的な診療科目の協力診療

サービス

韓国の美容外科初の‘保健福祉部医療機関認証’

(‘毎日経済’記事内容の一部) id美容外科は2014年から保健福祉部国家認証を受けるため、本格的な準備を開始し、
2年後の2016年8月16~19日の4日間、調査チームが病院に訪問し評価を行いました。id美容外科は2020年11月までに国家公認医療機関である認証マークの使用ができます。

調査チームの評価報告書によると
id美容外科は 患者安全システム差別化されたサービス, 満足度の高い医療品質を備え、各分野でとても高い評価を受けました。

①協力診療体制と ②国際感染管理の基準が適用された手術室などの安全システム、③内科専門医が常駐する安心整形総合検診を韓国初導入、④手術後の集中回復プログラムが注目を浴びました。
評価団は⑤特に、韓国の美容外科では珍しく500人近いの医療陣と職員が一つの医療価値観を持ち、病院のビジョンとミッション共有して徹底的に患者の利益になるように、現場で積極的に実践しているのが印象的だっただったと明かしました。

長い時間、長年の約束、長年の実践

その結果、11月4日保健福祉部認証を取得
患者様の安全と質の高い医療サービスは国家認証前から当然なことでした。

体が触れる所より
より清浄にAIRケア

高度の清浄環境での手術で細菌の侵入やウイルスまでを遮断し炎症や感染率0%管理に最善を尽くします

  • 手術室20棟全体に細菌防止陽圧システム及び清浄HEPAフィルターシステム設置
  • 手術病棟の関係者以外には立ち入り制限、エアシャワーシステムで汚染物質の遮断

id美容外科は手術室の空気もしっかり管理していますか?

“はい! 手術室だからこそ感染率0%の状態で維持されなければなりません。”

  • id美容外科は
    • 外部の空気遮断、細菌の浸透を不可能にした安全な陽圧手術室
    • 外部のほこりや不潔な微細粒子を高圧力エアーで清浄シャワー
    • 手術室の使用ルールと安全規則を定期的に教育し、実践する病院
  • 空気汚染は
    • 手術室のドアを頻繁に開けると、空気汚染度の上昇(Orthopedicsの発表)
    • 目には見えないが、粒子が小さいほど有害だというのが定説
    • 世界保健機関(WHO)規定、大気汚染粒子は1級発がん物質であり危険

患者様が触れて 、患者様に接する
細かい物までOBJECTケア

診療が行われる間に患者様が触れられる隅々まで!
新たな患者様を迎える空間、器具、機器などに
感染予防消毒管理を徹底的に行います。

  • 診療室、回復室、治療室、検診室など、患者様用の椅子の感染消毒管理
  • 検診、治療機器のハンドル、入れ替え装置の消毒及び使い捨ての入れ替え管理

id美容外科は毎日機器を消毒していますか。

“はい! 随時消毒し清潔を維持しています。”

  • id美容外科は
    • すべての物事の感染経路を遮断するよう手指消毒剤を配置、使用推奨
    • 細菌抑制のため殺菌消毒、高圧ガス滅菌消毒を徹底的に実施
    • 消毒が困難な場合、無菌状態を作る使い捨てのカバーの使用
  • 消毒が重要な理由は
    • 月1千人以上の患者様とお客様が使う空間、器具、機器
    • ほこりやウイルスなどは服や手から物に移る恐れがある
    • 椅子を消毒することでもHIV(エイズ)の感染を防げる

慣れを超えた当然の習慣、
衛生DIRECTケア

医療サービスを提供する職員及び医療陣一同は 日常の汚染物質を完璧に消毒した後、安全な状態で患者様を迎えています。

  • 常に清潔に手指の消毒など衛生管理実行
  • 手術ガウン、 手術帽、手術手袋などの着用必須及び使い捨て

id美容外科の社員は皆、衛生管理に参加してますか?

“はい! id美容外科の職員と医療陣は清潔が習慣です。”

  • id美容外科は
    • 手術前やカウンセリングの際、爪の間まで丁寧に手指を殺菌洗浄
    • 患者様の診療前や日常でも30秒以上の手指消毒を実行
    • 手術の際には消毒管理後、使い捨ての手術着着用で二重感染遮断
  • 衛生が重要な理由は
    • 手でテーブル、コンピューター、手術機器、道具などを使用
    • スマートフォンは2.5cm2当たりバクテリア2万5千個余りで、便器より汚い
    • カウンセリング、業務などに使用しているキーボードが便器より細菌が50倍多い

カウンセリング、手術、アフターケアも
専門医療陣のTRUSTケア

ご来院された患者様は専門医が直接カウンセリング、そして当然カウンセリングした専門医が執刀、アフターケアまで専門医が直接行います。

  • 専門医が直接患者様にお会いし、カウンセリングを行い
  • 担当の専門医が執刀して手術後の集中ケアまで管理を行います。

id美容外科は手術や患者の管理を医療陣が直接行うんですね?

“はい! 医療陣が直接行うのは当然なことです。”

  • id美容外科は
    • 来院後、カウンセリングから手術を担当する医療陣に対面
    • カウンセリングを担当した専門医療陣が手術も直接執刀
    • 施術に該当する術後管理の際は専門医療陣が直接行う
  • 一部では
    • カウンセリングを専門医ではなくカウンセラーや職員だけに任せるケースがある
    • カウンセリングを行う医師と手術の執刀医が異なるケースがある
    • 専門医でなない無資格者が施術に該当するアフターケアを行う

整形総合検診、id美容外科が初の運営
安全にHEALTH SCREENING

整形も手術なのに、どうして総合検診センターが無かったのか
美容外科も病院なのに、どうして他の病院で検査を受けるのか
id美容外科は手術を受ける病院で検査も行うべきだと考えます。

  • id美容外科は検診センターの運営で整形手術前の検査を進行
  • 顔骨手術の可否から、安全な手術と回復のための計50項目余りの検診

id美容外科は、整形総合検診の際に骨密度と成長板の検査もしているんですね?

“顔骨手術の特化病院であり、患者様が安全の手術を受けるため当然のことです。”

  • 骨密度検査
    • 骨密度検査とは?骨の組織の丈夫さ、太さ、骨の密集度を把握する検査!
    • 骨密度が高く骨が丈夫であることが滑らかなラインを作り上げるのに繋がります!
  • 成長板検査
    • 骨が成長を続けている場合、手術後に骨変形の恐れがあるから!

美容整形診療科目の協力診療
専門的なTREATMENT CO WORK

id美容外科は1人1人の患者様に 最高、最善の手術をご提供するため診療科目別の専門医 全てが集まり協力診療を行っています。

  • 美容外科 – 口腔顎顔面外科 – 歯科 – 皮膚科 – 家庭医学科 – 内科 – 外科 – 痲酔痛症医学科
  • 患者の症状、手術計画、術後管理計画など、協力診療システムを運営

id美容外科は手術の協力診察が可能ですか?

“はい! 診療科目に関連した専門医が集まり協力診察を行います。”

  • 専門医療陣の診療科目
    • 美容外科
    • 口腔顎顔面外科
    • 内科
    • 外科
    • 皮膚科
    • 家庭医学科
    • 矯正科
    • 補綴科
    • 痲酔痛症医学科

<手術および施術適用センター >

美容外科


  • 両顎手術センター
  • 目∙鼻整形センター
  • バスト∙体型センター
  • 輪郭センター
  • アンチエイジングセンター
  • 痲酔痛症センター

歯科


  • 歯列矯正センター
  • 1日完成クリニック

皮膚科


  • エイジングセンター
  • ブライトニングセンター

id美容外科の全職員が
国家認証級のサービスをご提供致します!

id美容外科の全医療陣から職員まで厳しい
安全病院国家認証を取得

Comments are closed.