• HOME
  • 両顎手術
  • セットバック

セットバック

セットバック

自然な口元と
皆が羨む美しい印象をお望みなら?

セットバックとは?

歯ではなく歯茎自体が前に出ている場合に行われる手術法です。犬歯のすぐ後ろの歯を左右1本ずつ抜歯し、抜歯した部分の歯茎の骨(歯槽骨)を切り離し、前部分の歯と歯茎を後ろ側に押し込みます。歯茎が前に出ている重度の突き出し口の場合、効果が大きいです。

セットバックが必要な場合

両顎手術は、顎の骨の異常で顎の位置や形・機能が正常ではない場合、上顎・下顎を正しい位置に移動させて顎の位置や機能的な噛み合わせを改善させる手術を言います。
しゃくれ顎・左右非対称・面長・顎なし・突き出し口でお悩みの方には両顎手術をお勧めします。

“突き出し口の原因が歯なのか
歯茎なのかを確認しなければなりません。”

Card image cap

歯が原因の場合

Card image cap

歯茎が原因の場合

横から見たときに、突出の程度が酷い場合や、歯茎まで突出している場合には、セットバック手術が必要です。

  • – 突出の程度が4mm以上の場合
  • – 歯茎の状態が悪く、矯正が不可能な場合
  • – 歯茎の突出が酷い場合
  • – 笑った際に歯茎がよく見える場合
  • – 顎先の位置が正常でない場合
  • – 短期(短時間)での変化をお望みの場合
  • – 人中が長い又は長く見える場合

セットバックのメリット

idのSMART 突き出し口センター

矯正科・補綴歯科・口腔顎顔面外科・美容外科が共に診療し、タイプに合った突き出し口治療が可能なトータル突き出し口専門センターです。

1. 専門医の協力診療システム

口腔顎顔面外科
美容外科
矯正科
補綴歯科

2. 全ての突き出し口治療が可能

Card image cap
選んで
治療
Card image cap
ラミネート
施術
Card image cap
突き出し口
手術
Card image cap
歯列矯正
Card image cap
両顎手術

手術情報

time
手術時間

2時間

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

2週間~1ヶ月後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真

featured-images
featured-images
featured-images
featured-images
featured-images