• HOME
  • 安全整形
  • 骨密度検査

骨密度検査

両顎/輪郭手術には

骨密度検査が
基本です

骨密度検査!
両顎/輪郭整形が可能かどうかを確認します

なぜidは骨密度検査に注目したのか!

“両顎/輪郭手術には骨密度検査が当たり前!”

骨密度が低い人が両顎/輪郭手術を行うと手術から回復・管理まで全ての段階で後遺症の危険が大きくなり副作用をなくすには骨密度検査は必須の検査となります。

思ったより多くの人が手術前に骨密度検査を受けていません。

輪郭手術の多くの経験とノウハウを持ったidでは整形の基本検診として〔骨密度検査〕を行っています。

骨密度が良ければ整形の結果も良好です!

  • 骨を希望の形に綺麗に切ることが出来る
  • 成長過程の骨が神経線に触れる危険がない
  • 顎の筋肉の正常機能により食べ物をよく噛むことが出来る
  • 丈夫な骨の正しい噛み合わせで会話への支障がない

段階別に行う骨密度検査

正常な骨密度の数値と比較し、どれ位骨の量が減少しているのか確認する検査で、 輪郭手術後回復のためには正常範囲の骨密度の数値を維持しているかを把握しなければなりません。一般的に骨密度の検査は‘骨粗鬆症検査’とも呼ばれ、この検査は普通股関節部位と脊髄で測定します。 しかし、顔の骨の手術を専門に行っているidでは直接な影響を与える顔部分と全般的な影響を与える足首の検査を行います。

もう一つの重要検診、成長板を確認して下さい!

“現在の発育状態はどうなのか、
これからの発育はどうなるのか”
id骨密度検査は誰でも、一度に
危険を最小化して安全に!安心整形

骨密度検査はidの安心整形総合検診の内の一つとして、安心整形のための50種類余りの総合検診を行っています。