• HOME
  • 輪郭手術
  • 人中短縮

人中短縮

人中短縮

傷跡の心配なく人中の長さを短縮するのは基本
顔中央の長さが短縮し、顔の長さが短く見える効果まで!

人中(鼻の下)短縮術とは?

鼻と唇の間のポコッと凹んでいる長い人中を短縮し、長い顔が短く見えるようにデザインする人中短縮手術です。

人中の長さは、先天的に長い場合と老化による皮膚の弛み・歯列矯正及び抜糸などの、後天的な要因で長い場合があります。

長い人中によって顔全体が長く見え、鼻と繋がっている角度(鼻唇角)・唇の厚さ及びボリューム・小鼻の広がりなどと関連しており、顔全体のイメージに影響を与えます。

id人中短縮術は、単に人中の長さのみを短縮するのではなく、適正な長さと同時に人中周辺部までを変化させるidの人中短縮手術です。

★長く見える顔、‘原因は人中’にある?!

顎の長さも正常で顔も小さいほうだ。
それにも関わらず、どこかバランスが合わない…そんな場合は 人中(鼻の下)をチェック!

<人中>が長い場合
人中は顔の下部に位置するが、中央部が長く見える原因になり、更には顔全体の比率やバランスを崩す原因となります。

長い人中と理想的な人中の長さ・比率

傷跡の心配がいらないidの人中短縮手術法

傷跡が目立つ昔の方式  VS  傷跡の心配がいらない人中短縮 idの手術ポイント

老式手术留疤较大
VS
不留疤痕的人中手术id手术要点

人中短縮術のメリット

Point 1:鼻唇角矯正効果

鼻と人中の間の理想的な角度は、女性が95~100º、男性が90~95度で、人中短縮術で垂れ下がった鼻柱を上げることができ、鼻唇角まで矯正される効果があります。

Point 2:唇のボリューム矯正効果

上唇が薄い場合やのっぺりした形の場合、人中の長さをより長く見せ、顔のバランスまで悪く見えます。
手術で引き上げながら縫合することで、唇のボリュームまで矯正される効果があります。

Point 3:広がった小鼻矯正効果

小鼻の最小切開によって広がっている小鼻を引っ張り、idのノウハウ手術法でもう一度寄せながら見えない部分を縫合することで広がった小鼻が矯正される効果があります。

中顔面人中短縮の特徴

Know-how 1
傷跡が見えない
人中短縮

切開が長く傷が深く残る手術法ではなく、idのノウハウの最小切開と鼻の穴からの切開で傷跡が見えません。

Know-how 2
上下のバランス
整え小顔に

全体的な顔の比率と理想的な人中の長さ等に合わせて手術を行い、バランスの整った小顔を完成させます。

Know-how 3
周辺部位まで
改善の効果

広がった小鼻・垂れた鼻柱・唇の厚さ及びボリュームなど、人中の周囲までを考慮した手術で美しい人中が完成します。

手術情報

time
手術時間

1時間

syringe
麻酔方法

局所麻酔
または睡眠麻酔

hospital
入院治療

当日退院

scissors
抜糸

7日後

calendar
回復過程

1週間後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真

featured-images
featured-images
featured-images
featured-images
featured-images
featured-images