• HOME
  • 輪郭手術
  • 最大縮小Vライン形成

最大縮小Vライン形成

最大縮小Vライン形成

顎先の長さと位置の調節が自由自在で、顎の
バランスに合った小顔Vラインが完成します。

最大縮小Vライン形成とは?

最大縮小Vライン形成とは、顎先の長さを自由に調節することが出来る‘idダイヤ骨切り術’を用い、顎のバランスに合った小顔を作り上げるVライン手術です。顎が短く平べったい顔は、顎先の長さと位置を調節してよりスリムなVラインに、顎が長く平べったい顔は、顎先の長さを縮め、耳の下の部分から滑らかになるように骨切りを行い、黄金比率の小顔Vラインが完成します。

最大縮小Vライン3ステップ手術法

Card image cap

STEP1

ダイヤ骨切り術

Card image cap

STEP2

下顎角(エラ)+皮質骨切除術

Card image cap

STEP3

残りの角 曲線骨切り術

顎先調節の確信、ダイヤ骨切り術

区別
ダイヤ骨切り
T字骨切り
Y字骨切り
ㅅ字骨切り

切骨形態

5角形のダイヤモンド形

T字型

Y字型

ㅅ字型

神経線の位置

神経損傷の可能性がほとんどなし

神経損傷の可能性がほとんどなし

神経線近くを骨切り

神経損傷の可能性がほとんどなし
但し歯根近くを骨切り)

顎先の長さの変化

4mm内外で延長

同一

同一

短くなる

長さ延長手術

長さ延長追加手術
不必要

自家骨又は人工骨の挿入

自家骨又は人工骨の挿入

長さ延長不可能

海外でも注目を集めている
国内特許庁から登録された<ダイヤ骨切り術>

顔がより小さくなる最大縮小Vライン形成

Point 1

顎先の長さ調節と同時に中央に下げ、綺麗なVラインの完成

丸く平べったい顎先は、ダイヤ骨切りで切除し、顎の長さに合わせて必要の無い部分を除去し、両側の骨を中央に寄せます。よって、下顎の長さと位置が調節され立体感のある小顔が完成します。

Point 2

斜線骨切り術で分厚い顎ラインがスリムな小顔に!

下顎の長さと位置の調節後、残っているエラと皮質骨を切除する際、断面骨切り術ではなく斜線骨切り術を用い、顎の厚さまで減らして滑らかな小顔Vラインが完成します。エラは、耳の下の角ばった部分を骨切りし切除した後、皮質骨の切除時に神経線を避け斜めに骨切りを行い、これは断面骨切りで起こり得る骨の段差を予防します。

Point 3

顎先の筋肉まで寄せ、Vライン効果を一段階アップ

丸みのある顎の中には筋肉があります。ダイヤ骨切り術で顎先の形を整えたら、軟部組織内の筋肉を束ね、プロテーゼやヒアルロン酸注入無しに二次的にシャープな顎が完成します。別途の追加手術無しでダイヤ小顔Vライン手術と平行して行うため、スリムな顎ライン効果を、倍にすることが出来ます。

Vライン形成は、なぜidなのか!

立体感が引き立つから!
黄金比率に作り上げるから!

手術情報

time
手術時間

1時間30分

syringe
麻酔方法

全身麻酔

hospital
入院治療

1日入院

scissors
抜糸

約2週後

calendar
回復過程

1週間後
日常生活可能

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。

ビフォーアフター写真

featured-images
featured-images
featured-images
featured-images
featured-images
featured-images